Posted by at

2008年01月30日

2月1日「いたずら」プレリリース!

CATS HOUSE RECORDS GMの宮原です。
およそ1年ぶりとなるblogの更新です。


そして、私どもがサポートしておりますポラリスカブが、
初音源をリリースします。

タイトルは「いたずら」というものですが、このシングルCDの収録曲から
名付けております。
収録曲は全3曲となっておりまして、「虹色カブ」「エニー」「いたずら」と
これまでにもライブ等で歌ってきた楽曲が勢揃いとなっています。

ということで、本日は音源リリース間近のポラリスカブへのインタビュー記事です。
題して「ポラリスカブ紹介」。そのまんまです。

回答者:ボーカル荻野哲平
インタビュアー:宮原幸平
場所:近所のモスバーガー

それでは、どうぞ。

■ポラリスカブの自己紹介をお願いします。
福岡出身のパワーポップバンドです。
ちょっとエモーショナルなところもありますが。
バンドの編成はボーカル、ギター、ベース、ドラムで、
2008年からボーカルもギターを弾くことになってます。



■ポラリスカブはいつから活動されてるんですか?
母体になるバンドは2007年の2月からです。
そのバンドが2007年10月から現メンバーとなって、
本格的な活動を開始しました。



■10月以降はどのような活動をされてきましたか?
主に福岡市内のライブハウスでのライブです。


■ポラリスカブがどんな音楽をされてるかお話頂けますか。
どんな音楽をやろうって考えてないバンドです。
メッセージがあるわけじゃないから、歌いたいことを歌ってる。
難しいのでもなく、楽しもうみたいな曲でもなく、結果として
誰にでも判るような、誰にでもあるようなことを歌ってる状態だけど
でも、かといってそれを狙ってるわけでもない。



■現メンバーについてヒトコトずつ紹介してください。
ギターの武君(南園武)は、パッと見はイケメンやけどただのオタク。
で、さらに遅刻の達人。

ベースのガジュン(緒方準一)は、体格に似合わず空手の有段者。
バンドではしっかりもの。たぶんイチバン、音楽理論的なところを大事にしてる人。

ドラムのフィッシャン(山崎徹)は、イチバン、メンバーの中で新しい。
パッと見は真面目に見えないけど、以外と真面目な人。でも、メールの返信が遅くて時々ない。

ボーカルの荻野哲平は、ヒトコトでいうと才能。今のところ他に当てはまる言葉は
地球上に存在しないですね。





こんな感じで、朝っぱらから近所のモスバーガーで眼を擦りながら
ポラリスカブの荻野哲平君にインタビューをして参りました。
ちなみに当日は寝起きのため写真の撮影はNG、ということで
後日スタジオにオジャマしたときの写真を掲載しております。

この日のインタビューは意外なほどあっさり、でしたので明日以降に
メンバーそれぞれへインタビューしたものも掲載していきたいと思います。  


Posted by CATS HOUSE RECORDS at 12:37Comments(0)宮原幸平