Posted by at

2006年12月15日

ビジスタを振り返る

GMの宮原です。

今日は先日参加した異業種交流会の感想を書こうと思います。

福岡で一昨年より開催されているビジネス・スタジオという異業種交流会で、
毎回100人以上の意識の高いビジネスパーソンが参加しています。

株式会社ジェイエムネットの植木社長が代表幹事をされ、
九州大学ユーザーサイエンス機構特任教授の中村先生がプロデューサーをされています。
以前よりこのお二方にはお世話になっておりますが、
ビジネス・スタジオに参加する度に御両名のすごさを感じさせられます。

ところで先日のビジネス・スタジオはクリスマスパーティー仕様だったんですが、
特別ゲストということで「梅星」という女性2人組のアーティストがいらっしゃり
ライブをされていました。

デビューされた直後の一昨年のビジネス・スタジオの
クリスマスパーティーにもいらしてライブをされていたんですが、
この2年間で随分と有名になりました。
今年の秋には福岡サンパレスという大きな会場でライブをされ
チケットはソルドアウトだったそうです。

私の想像ですが、
この2年間にお二人は弛みない努力をされてきたでしょう。
この2年間にお二人は数えられないくらいの苦労をされてきたでしょう。

それでも約2年間で2000人以上のファンを獲得されたんです。

正直、「すごいな」という感想しかないんですが
CHRも「がんばらねば」と思わせていただきました。

結局、今日の記事で私が申し上げたいことは私の周りには
「すごい!」と思わせてくださる方がたくさんいます。
そしていつか梅星のお二人や植木社長、中村先生のように
CHRに対して「すごい!!」と思ってくださる方ができるように

頑張りたいと思いました、

ということです。  


Posted by CATS HOUSE RECORDS at 13:20Comments(0)宮原幸平

2006年12月14日

クリスマスパーティーのご案内!

GMの宮原です。

最近、
急激に気温が下がり寒い日が続いてますが皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

寒いといえば、冬!
冬といえば、クリスマス!

ということで、
本日は私の主催いたしますクリスマスパーティーのご案内をさせていただきます。
どなたでも御参加いただけるので是非、お越し下さい。


これまで多くの方々にお世話になり、
そのお礼がしたい!という気持ちを込めて皆さんに楽しんでいただけるような
クリスマスパーティーを企画いたしました。
年の瀬でお忙しいかとは存じますが
万障お繰り合わせの上お越しいただけますようお願い申し上げます。

☆日時
12月16日 土曜日 20時から22時まで(19時45分よりご入店いただけます)

☆場所
福岡市中央区六本松の"ARTIN'S PUB"という
アイリッシュスタイルのバーを貸し切ってやります。
城南線沿いの六本松交番のすぐ近くです。

☆参加費
チャージ1000円(フード付き)

☆参加お申し込み、お問い合わせ
私のPCアドレスをご存知の方は参加の旨、直接ご連絡ください。
ご存知でない方は
info@catshouse-records.com
よりお申し込みください。

☆参加資格
特にございません。強いて挙げるなら、その場を楽しんでいただける方です。

☆備考
ドレスコードはございません。

それでは、皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。  


Posted by CATS HOUSE RECORDS at 06:35Comments(3)宮原幸平

2006年12月13日

1ばん好きな曲

GMの宮原です。


ここまで、けっこうフランクな感じでブログを書いてきましたが
今日はもっとフランクな感じで書かせていただきます。

本日は私が1番好きな曲を紹介させていただきます。

※最初に申し上げますが、あくまで私個人の趣味であり
 以下に述べることはCHRの音楽性とは全く関係ございませんのでご了承ください。


CHRのゼネラルマネージャーが1番好きな曲とは、、、







R.Kellyの"I believe I can fly"です。

もっとマニアックな曲を期待されていた方には申し訳ございません。
90年台の洋楽、
特にR&Bをお聞きになる方は絶対ご存知だと思いますが、とても有名な曲です。
色んなアルバムに収録されており、多くのアーティストにカバーされた曲です。

もともとは、
NBAのMichael Jordanが主演した"SPACE JAM"という映画に挿入された曲でした。
映画が上映されたのはもう10年以上もまえですが、
日本では割と最近テレビCMで流れていたように思いますので
知らずに耳にされたことがある方も多いのではないかと思います。

もし機会があれば是非、聴かれることをお薦めします。



CHRでこの"I believe I can fly"に並ぶ曲に出会うのが私の密かな目標です。  


Posted by CATS HOUSE RECORDS at 15:11Comments(0)宮原幸平

2006年12月12日

アーティストにとって大事なもの

GMの宮原です。

営業用の資料を作ってます。
前回の記事でお話したものです。

決して、仕事をさぼっていたとかではありません。
中身の文章はできたんですが、
今はそれをご覧になる方にとって見やすいように作り直してます。

Illustratorというadobe社製のレイアウトソフトを使って
紙面を作っているんですが楽しいです。
受け手のいる仕事というのはやっぱりやっていて楽しいですね。

この資料をご覧になる方のことを想像しながら、
どうしたら1番よく伝わるのかな? 
   とか
気に入っていただけるかな?
なんてことを考えているとアイデアもたくさん浮かんで、
どんどん作業にのめり込んでいきます。

ところで、この感覚ってアーティストも一緒なんですかね?
楽曲をつくる時に視聴者のことを想像しながら詩を書くとワクワクするとか、
曲を考える際にリスナーのことを考えると溢れるようにメロディーが浮かんでくるとか。

もしそうだとすると、ちょっと面白いことがあるんです。
私が企画書や資料なんかを作る際に、
「どうしてもこの人に込めたメッセージが伝わってほしい」と
任意の1人の人間を思い浮かべて作ったときと、
不特定多数のために作ったときでは完成度が違うんです。

ご覧になる方のイメージが鮮明で、
伝わってほしい気持ちが強ければ強いほど完成度が高くなるんです。

それで面白いことというのは、
アーティストも
ある特別な人にどうしても伝えたいメッセージがあってつくった曲が
完成度が高かったとします。

現在、名曲と言われたり過去から長く残ってる楽曲って
バラードやラブソングが多い気がするんです。



ここから解釈できることはいくつかあるんですが、そのいずれであっても
アーティストにとって愛って大切なものなんですね。  


Posted by CATS HOUSE RECORDS at 17:17Comments(0)宮原幸平

2006年12月12日

名前の由来

創立者です、こんばんは。

さて、コメントのほうにCATS HOUSE RECORDSの名前の由来をという声がございましたので、名付け親である私から書かせていただこうと思います。

CATS HOUSE=猫小屋?猫の家?という風に解釈されていると思いますが、
気持ちとしては「猫が集まる家」「猫が帰ってくる家」という意味を込めています。

猫のようなとはどんなイメージでしょうか?
自由、気まま、一人好き、etc...
人それぞれあると思いますが私が描くイメージとは
・自由
・誇り高い
・熱中的
・YES or NOがはっきりしている
・簡単には媚びない
・敏感
・すばやい 

いかがでしょう?すごく猫という動物が魅力的に感じませんか?
ちなみに私は猫という動物が大好きなので、
もしかすると普通の人よりもひいき目かも知れませんが。


すこし猫に対して熱くなりすぎましたが、
上に示したような人間性をもつ人々の集まる場所にしたいと思っています。

誇り高く、自由気ままな、C.H.Recordsが本当に好きだから集まる、
そんな人間の集まる場所にしたいんです。


人だけではなく音楽にも同じことが言えて、
自分の本当に好きな音楽を、自由に誇りをもって響かせてほしい。
悲しい曲、うれしい曲、どんな曲でもなんだか愛着がわいてしまう、
そんな音楽に集まってほしいと思っています。

だらだらと書きましたが、ほぼ独断で決めたこのCATS HOUSE RECORDSという名前。
私はもちろんですが、スタッフのみんなも気に入ってくれています。
素敵なロゴまでできて言うことなしですね!!

一日でも早く多くの方から愛される素敵な猫小屋になりたいなという思いを込めて。  


Posted by CATS HOUSE RECORDS at 00:59Comments(2)創立者

2006年12月11日

vol.3

GMの宮原です。

過去2回の記事で、
私がどんな人間なのか、CHRでどんなことをしているのかを知っていただけましたでしょうか?

ご覧になっていない方のために要約すると、
「東京出身の、ゼネラルマネージャーで…」
ではなくて、
「楽しいことが好きで、日々それを追求しているCHRの何でも屋さん」です。

今、気付いたんですが最初からこう書けばたったの1行で済んだんですね。
ご覧になってくださってる方々の大切なお時間を無駄にしてしまったようで申し訳ございません。

私はプライベートでは決して多弁な方ではないと思うんですが、
実は自分からメッセージを発するのが好きなのかもしれません。

いえ、好きなんだと思います。
さもなければ営業用の資料作りを後回しにしてまでブログを書かないでしょう。  


Posted by CATS HOUSE RECORDS at 15:18Comments(0)宮原幸平

2006年12月10日

ゼネラルマネージャーとは?

CATS HOUSE RECORDS のゼネラルマネージャー宮原です。
次回からはゼネラルマネージャーの表記を「GM」にさせていただきます。

さて、前回の記事で簡単な自己紹介をさせていただいたので今回は
「CATS HOUSE RECORDS のゼネラルマネージャー」
について書いていきたいと思います。

ここでまず、CATS HOUSE RECORDSって何ぞや?と思われた方は
CATS HOUSE RECORDSのウェブサイトをご覧下さい。
(以後CATS HOUSE RECORDSはC.H.Recordsと表記します。)

本題に入りますが、ゼネラルマネージャーという言葉を広辞苑で引くと
「組織全体の統括者、総支配人」と出てきます。

簡単に言ってしまえば、1番責任をもって組織を運営する人のことです。


では、、
「C.H.RECORDS のゼネラルマネージャー」は具体的に何をするのか?
ということですが、以下に簡単にではありますがまとめてみました。

「音楽の企画および制作、出版、管理に係る全業務を行う組織において最大の責任をもってこの組織の運営に当たる人」です。

当然、音源制作のスケジュールやCDの販売戦略を考えます。
こう言うと、ちょっとカッコイイような感じがしませんか?
私はカッコイイ気分でいます。
が、実は上に挙げた例はCHRecordsの外向きの業務だけなんです。

そして組織にはその組織がうまく運営されるための内向きの業務も存在します。
例えば、お金の運用をどうするのかとかスタッフの業務分担やスケジューリング、
書類作りがこれに該当します。
また、当面はスタッフの教育や事業計画の立案が最優先事項の任務になるでしょう。

こんな感じでまとめてみましたが、CHRecordsのゼネラルマネージャーはやることがたくさんあります。
CHRecordsの何でも屋さんです。




CHRecordsの主役は私どもの出版する音楽であり、その制作者であるアーティストの皆さんです。
私は舞台裏で主役がいかに良い仕事ができるかを見守りながらお手伝いする役です。

舞台に立つことはありませんが、主役にとって最高のパートナーとなるように努めていきたいと思います。  


Posted by CATS HOUSE RECORDS at 02:21Comments(2)宮原幸平

2006年12月10日

はじめまして


初めまして。
CATS HOUSE RECORDS(以下CHR)でテクニカルマネージャーをしております横尾奈緒です。
実際のところ自分の役職をまだ完璧に把握できてはおりませんが、宮原をはじめ、CHRスタッフに手取り足取り、考え方から仕事内容まで幅広く教えられています。


まず、私のことを知っていただくために軽くではありますが自己紹介をしたいと思います。
出身は大分県日田市。水と空気の美しい田舎町です。

高校時代は学校の活動とは別に、プライベートではバンド活動をしていました。その活動のおかげで今の私は形成されたと言っても過言ではないくらい、音楽活動を通して知り合った人々や体験したことに影響をうけました。ちなみにCHRスタッフの一人とも音楽をしていたおかげで知り合えています。

人前で音楽という媒体を介して自己表現をするということは、本当に自分自身を曝け出さないとできないことで、それができなければオーディエンスには決して伝わりません。そんな世界の中に身を置き、僅かではありますが実績を残せたことは私の中での誇りでもあり、自信にもつながっています。
そしてCHRに出会えたことも音楽活動のおかげなので、私は音楽活動に熱心だった自分の過去にとても感謝しています。


現在は福岡女学院大学に在学中です。将来の夢に向けてマスコミ関係の勉強をしています。それと並行してアルバイトに明け暮れる日々を送っています。


自己紹介は以上です。少しでも興味を持っていただけたら幸いです。


現在のCHRは動きだしたばかり。私も動きだしたばかりであります。
未熟者故、一緒にやっていくスタッフには迷惑をかけっぱなしではありますが、日々の努力を重ね、一刻も早く独り立ちできるようになりたいと思います。

それでは失礼いたします。  


Posted by CATS HOUSE RECORDS at 00:33Comments(1)横尾奈緒

2006年12月09日

CATS HOUSE RECORDS

おはようございます。

C.H.Records創立者です。

私のことに関してはブログでは公開しないでおこうと思っておりますので、この創立者というカテゴリのブログではC.H.Recordsのことをいろいろと書いていこうと思います。

さてさて、第一回ということでまずはレコードってつく会社って何やってるの??っていう基本的なところに簡単に触れてからC.H.Recordsについてお話しようかと思います。

今ではレーベルという言葉がだいぶ主流になってきましたが、じつはコレ間違った使い方なんです。
正式[?]にはレコード会社っていいます。

音楽ソフト(CDや今流行のMP3ファイル等)をリスナーの元に届けるまでには、作詞・作曲・録音(レコーディング)・製造(プレス)・流通の過程があります。
レコード会社の中にはこれらを全て自社でまかなうものもありますが、流通システムの大手企業ができたことや、製造には莫大な設備投資が必要なことから、その一部を大手に委託しているレコード会社のほうが多くなって来ました。
なので現在レコード会社の最低限の要件とは、録音・製造の資金を出すこととなっています。
一般にレコード会社は録音資金を出すことによって原盤権を取得するが、原盤権を音楽家(作曲家や歌手など)が保持し、レコード会社はその販売ライセンスを得てビジネスを行う場合もあるんです。
また、レコード会社によっては、専属の作曲家や歌手などを抱え、芸能プロダクションとして機能しているところもあったりします。

とまぁ説明してみましたが、やっぱり難しいですよね・・・。

つまり、ミュージシャンにどこかの過程でお金を出し、音楽の権利を持ち、それでビジネスする会社ってことです。

最近ではレコーディングが容易に行えるようになったことや、インターネットの普及などの要素も入りレコード会社もどしどしと増えてまいりました。

そんな厳しいレコード会社の競争のなかぽつんと何の力もないレコード会社を作ろうとしているわけです。

なんの力もないといったら嘘ですね。
ここには情熱とバイタリティーを持てあまらせた若い才能の岩石が見事に集まりました。
NEW WAVEを起こしますので是非是非その第一波から応援お願いします。

最後に、CATS HOUSE RECORDSのコンセプトを書かせていただきます。
ありきたりのような言葉ですが、こころからこのような音楽世界の創作をと願っています。

『猫のように自由に そして誇り高く』
CATS HOUSE RECORDSはアーティストの好む音楽性を尊重し、好むスタイルでの活動を支援するという理念を持っています。
我々の決めた方向へ導くというのではなく、アーティストの進みたい方向へ後押ししたり導いたりということを考えています。

そのため、我々も商品としてのアーティストの見方ではなく、リスナーとして好きだと思える音楽を扱っています。

「自分のスタイルを大事にする人間・音楽が集まる場所」
そんな思いを込めCATS HOUSE RECORDSは活動しています。
  


Posted by CATS HOUSE RECORDS at 07:01Comments(0)創立者

2006年12月08日

vol.1

はじめまして。
CATS HOUSE RECORDS のゼネラルマネージャーを勤めさせていただきます宮原幸平と申します。

これからブログを書かせていただくわけですが、初回ということでまずは自己紹介をさせていただきます。

名前は先ほど申し上げた通り、宮原幸平です。
出身は東京都です。
高校までは東京で、大学以降は福岡です。

でも、まぁこんな表面的な自己紹介をしていてもつまらないと思うので
以下はご覧になってる方にもっと内面が伝わるようなことを書いていきます。

普段の私を知ってる方の中には、
「こいつ好きなことしかしてないやん」
って思ってる方がけっこういらっしゃるんじゃないかと思います。

ですが、実は若干ちがうんです。
宮原幸平は常に、1番楽しいと思えることを選択しています。

自分自身が1番楽しいと思えることをして、
そんな楽しいと思えることがどうしたらより長く続くのか、
ということを考えて生活してます。

で、私が1番楽しいと感じるのは、
何かに向かって、突っ走ってるときなんです。

イベントの開催だったり、何かを形としてアウトプットすることだったり、
突っ走る対象はいくらでもあります。

そのためには当然、勉強やつまらない雑務もしなければなりません。
それ自体が目的だったら私にとって、つまらない、に該当することをたくさんしなければなりません。

でも、何かに向かって突っ走ってるときにはそれらのつまらないものも、楽しいものになるんです。
勉強しててもワクワクするし、フライヤーのデザインなんかをしていてもアイデアがどんどん浮かんできます。

ちょっとお得な性格してるんです。
だからフラフラと好きなことばっかりしてるように見えるのかなぁと思ってます。

そして、今、1番楽しいと思えるのが
「CATS HOUSE RECORDS」に携わることなんです。


CATS HOUSE RECORDS およびそのスタッフ一同をどうぞよろしくお願いいたします。

http://catshouse-records.com  


Posted by CATS HOUSE RECORDS at 03:20Comments(4)宮原幸平